2017年10月12日

通院日でした

3分診療


お久しぶりです。janです。

仕事が忙しい時期も終わりつつあり今日は通院日でした。
いつもと同じように診察の1時間前に着いて血液検査を待っていたら、なぜか診察室に呼ばれました。(今日は順番が違うな)と思ってたら何事もなかったように診察が始まりました。
途中、ポチポチっと血液検査のファイルを開いたとき(あれっ?)って雰囲気だったから検査入れるの忘れてたなあれは(苦笑)。診察もあっさり終わったので本来の予約時間になる前に病院を後にしました。

血液検査がなかったのはまあ良いとして、診察が相変わらずいつも通りで代わり映えなし。
寛解中だからこんなものかもしれないんだけど、少しくらい病気の現状や新薬の情報を話してくれてもいいのになぁ(自分から質問をしないという問題はありますが)。
今のままだとただの「処方箋屋さん」ですよ?

とはいっても毎回じっくり話をしたいわけじゃなくて、時々でいいから最新の知識を仕入れておきたいんです。
特に新薬には興味津々なんだけどなぁ。
気のせいか最近新薬の登場間隔が早まってる気がするし。
もしかするとそう遠くない将来、ものすごい薬が登場するかもしれません。


202x年にこんな新薬が?


この医療の進歩スピードでいくとあと10年もするとクローン病完治しちゃうんじゃない?というわけで202x年の大予想。

①レミケードやヒュミラで心配な副作用の問題を解決した新しい生物学的製剤の登場。副作用がないなら使わない選択肢はない!

②これまで「飲んでも飲まなくても一緒」「効くとは思ってない」と馬鹿にされ続けたペンタサがついに進化。手軽さはそのままに見違える効果に。

③経験が頼りだった漢方の知識を整理して新薬に転用。免疫をブーストして病気を抑え込む!

④ジャングルの奥地で新種の菌を発見。その菌を配合したヨーグルトにはIBD患者の腸内環境を大きく改善することがわかった!

⑤食料危機に備えて研究していた遺伝子組み換え米のなかから偶然に腸管の炎症を抑える作用がある品種が見つかる。食事しながら治療できるという革命が!

⑥待ちに待った固形エレンタールの処方開始。ポリポリ食べてお腹いっぱい!

この程度なら実現可能かなぁと思いながら書いてたんだけど、ふと気付いてしまいました……。




全然、完治してねー




楽観的な未来を予想してたはずなのに、どうやら完治した姿は想像しなかったみたいです。
まぁ完治に関しては思うところがあるのでまた次の機会に。

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
posted by jan at 16:31| Comment(0) | クローン病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください