2018年02月23日

運動不足

「服を買いに行くのに着ていく服がない」
たまに目にするこのフレーズ「まさに!わかるわかる!」という感じ。
そんなこともあって購入を先延ばしにしていると、あっという間に季節は流れ…。
毎年こんな感じ。同じ服ばっか着てる。

話は変わって今年の目標。
年が明けて早2ヶ月が過ぎようとしてますけど、新年に立てて心に秘めていた今年の目標、それは体を鍛える
特に宣言しなかったのでどこからもせかされることはなく、あれよあれよと時間だけが過ぎてしまいました。
そんなある日、妻との会話で1日の歩数が話題になりました。僕の平均、スマホの歩数計で1日1000~1500歩。
「おめー少なすぎるだろ!」って事になって「運動する」と宣言してしまいました。

ちょうど時期的なものもあってかスポーツジムの折込チラシがバンバン届くので色々と検討しました。
その時に頭に浮かんだのがこのフレーズ。
「ジムに行って鍛えるための体力がない」
根っからの運動不足人間で、非力&スタミナ不足の僕にとってジムはオーバースペックなのではないか。
さらに過去に2度ジム通いを挫折しているので、どうしたものかと考えた結果、導き出したのが「ウォーキングする」。
運動初心者でも大丈夫そうだし。
歩くのは朝にしよう。時間が有効に使えそう。
ということでとりあえず早起きの練習から。(←早よ歩け)
Bluetoothのイヤホンも欲しいな。注文しよ。(←いいから早よ歩け)
あっ動きやすい服も必要ですね。もろもろのジャージしかないから買いに行かねば。(←誰も見てないから早よ歩け)

先延ばしし過ぎると始める前からめんどくさくなりそうなので準備が整い次第、ウォーキングを始めるということをここに宣言しておきます。

さて、どうなることやら…。
ラベル:日常
posted by jan at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月08日

通院日 薬もらいに行っただけ

年が明けてだいぶ経ちましたけど、ようやく新年一発目の診察に行ってきました。

診察時間の1時間前に受付をすまして待ってました。が、いつものように血液検査に呼ばれる気配がない。今回は検査無しのパターンか。
っていうかこの病気、血液検査は当たり前にするもんだと勝手に思ってたけどそうでもないんやな。自覚症状がない炎症があるかもしれないし、薬の副作用が出たとしても速やかに発見出来そうなのに。素人考えですけど。

まぁ、やらないのはいいわ別に。痛いし。時間もかかるし。
でも事前にするかしないかは決めといて欲しいな。時間のやりくりがあるから。


さて、予約時刻よりは少し早くから診察。検査してないので問診のみ。

医「腹痛・下痢はありますか?」
僕「ないです(たまに痛いときあるけどすぐに治まります)

「関節痛は?」
「ないです(今は。足首が痛かった時があったけど今まで痛くなったことがない場所だったからクローン病とは関係ないと思う)

「おしりが痛かったりは?」
「ないです(お酒を飲んだ次の日は痛い時があります。でも飲んだとは言いにくいです)

「薬はいつもと同じでいい?」
「はい(本当はエレンタールのフレーバーを別の味にしたいし、一部をボトルタイプにしたいけど入力するのに時間がかかりそうだから今のままでいいや)

「そしたら外で待っててください」
「ありがとうございました」

いつも診察が早い早いと思ってるけど、それは医者のせいじゃなくて自分が思ってることを言わんからやろうな。
ただ言ったところでっていう感じもするし。別に不信感ではないですよ。経験則です。運よく(?)通院のタイミングで不調でない限り「また調子が悪くなったら予約日関係なく来てください」と言われるだけだったから、今まで。

まぁ寛解期だと誰でもこんなもんですよね?医者との相性なんかもあるかもしれないですけど。
僕の場合、寛解期ならAIの医者で十分です。血液検査のデータ入力して、質問にYES、NOで答えるだけ。知識量だけでみると必ずしも医者が人間である必要もないし。逆に人間より正確かもしれない。別に医者に不信感を持ってるってわけではないですよ。そういう時代になりそうって思っただけです。

そういえば今回から(今更ながら)帰りの会計が自動精算機になってました。とてもスムーズで行列なし。会計時のイライラがひとつ解消されました。

次回の通院は4月。春だ。

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
ラベル:クローン病 病院
posted by jan at 16:05| Comment(0) | クローン病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月04日

匂いで記憶がよみがえる

昨日、ドラッグストアで買い物をしていましたら「手作りの入浴剤を作ってみませんか?」とお姉さんから声をかけられました。珍しく息子が拒否しなかったので体験させてみました。
クエン酸と重曹とアロマオイルを混ぜて作るようです。アロマオイルを選ぶのに色々と匂っていると「あっ誰々の家の匂いだ」とか「昔の車で使ってた芳香剤みたい」とか記憶が呼び起こされました。
匂いって記憶と結びついてるものですよね。
ホテルの部屋ががタバコ臭かった時に大学の友達の部屋を思い出したり、お線香の匂いが小学校の友達の家っぽかったり、雨上がりの匂いが子供時代を過ごした地元を思い出したり…。

結局、選んだのは柑橘系の匂い。それぞれ効能みたいなものはあるみたいなんだけど子供なんでそういうのには興味ないみたいで単純に好みで選んでました。

そして、夜の入浴時にさっそく手作り入浴剤を投入しました。
市販品よりは控えめなブクブク。色もほぼ無色。その代わり匂いはしっかり出てました。

ん?この匂い、嗅いだことあるぞ。

やはり匂いが記憶を呼び覚ましました。

思い浮かんだのは…





マグコロール.jpg

これ。

お馴染みマグコロール。


おえー!!やめてくれー!
大嫌いなんだよ、これ!
本番の下剤よりこっちが嫌。
夜中に目が覚めて吐いたこともあるし。
コップ一杯で限界なのに風呂一杯のマグコロール。恐ろしい。

鼻が慣れるまでの数分は胸がムカムカしていました。当然ですけどマグコロール未経験の息子は気にならないようで「いい匂いで気持ちいい」という評価でした。

というわけで、マグコロール風呂に興味がある方は柑橘系の匂いで入浴剤を手作りしてみてください。僕はもう入りたいとは思いません。
posted by jan at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月27日

酒のつまみ

「酒は百薬の長」

いい言葉ですね。
このお薬好きです。
自分にとって都合のいい事ばかり受け入れてしまいがち。
それでも、家で飲む頻度は少なめ。
お腹を温存したいから。
同じダメージくらうなら楽しい方がいいし。

と、↑こんなことを書いておきながら昨日は無性に飲みたくなったのでビールを少しだけ。
アテがないかとゴソゴソ探していたら、前にもらったまま誰も手をつけようとしなかった缶詰を発見。

鯨大和煮.jpg

普段食べ慣れていないものはお腹が気になるんだけど他に適当なものがないのでこれで。

哺乳類といっても食べた感じは魚っぽかったかな。ほぼ魚ということでお腹には安全ということにしとこう。

それにしても普段あまり食べない食材ってクローン病的にどうなんでしょう?

羊:比較的メジャーだけど僕は食べる機会が少ない。何となく安全そう。
馬:何となく安全そう。
猪:豚っぽいから大丈夫か?でもくどそう。
キジ:鳥だし大丈夫そう。
ダチョウ:鳥だし大丈夫そう。
ワニ:鳥っぽいらしいから大丈夫そう。
カエル:鳥っぽいらしいから大丈夫そう。
山羊:何となくヤバそう。
鹿:何となくヤバそう。
熊:何となくヤバそう。

超個人的なイメージです。
いくつかは食べたことあるけど、しょっちゅう食べるものじゃないからお腹への影響は分かりません。

まぁ「ヤバそう」でも一回食べたぐらいではどうってことないでしょう。
僕は牛肉がNG気味だけど一回食べるだけだと何ともないですから。
ただ何日も続くと間違いなくヤバくなります。回復が追いつかないんですかね。

やっぱりなんだかんだいってもクローン病での好不調って食事に左右されることが多い気がします。
なので、あまり冒険がしにくいけど、実はジビエ料理には興味があるので体調がいい時には挑戦してみたいなと思っているところです。

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
posted by jan at 14:41| Comment(0) | クローン病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月21日

厄除け

どうやら中年にもなってくると厄年なるものに遭遇するみたいです。
特別、信心深い人間ではないんですけど、一つのイベント(例えば七五三や成人式のような)だと思って厄除けに行ってきました。

厄を祓ってもらうのは今回が初めてだったけど、実は男性は20代にも厄年があったみたいですね。
そういえば、僕の体調が悪化し始めてクローン病と診断されたのがちょうど20代の厄年あたりだったはず。
さすがは厄年。やるやん。


どうせ行くならとこの時期いつも混んでいるお寺に行ってみました。

朝から結構な数の人がいました。
受付済まして本堂に。
朝だし寒かった。僧侶の息も白い。
祈祷の時間は15分ほど。
最後に大般若経で背中にボコッと喝を入れてもらって終了。お札をいただいて帰りました。
この一連の行いにどれほど効果があるのかは分かりません。ただ独特の雰囲気があって一種の催眠や暗示にかけられるようなものなのかもしれません。
まあ「病は気から」といいますから、素直に暗示にかかっておきましょう。

家に帰ってみてお札をお祀りする場所がないことに気づきました(汗)。ひとまず粗末にならない所に置いておきます。
一年後、無事にお焚き上げに行けるように過ごしていきたいと思います!
posted by jan at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月06日

年が明けてからラーメンばっか食べてる

あけましておめでとうございます。
今年もひっそりとやっていくつもりなのでよろしくお願いします。

さて、新年になり1週間が経とうとしてるのでそろそろ通常モードにしていかなければと思ってるところです。おかげさまで寛解中ということもあり、年末年始は少々お腹にやさしくない食生活でした。

お正月といえばおせち料理。
和食ということもあって安全かと思いきや、かたい食感がどうにも気になります。この病気、下痢はいいとして詰まるのは怖いですからね。
まぁ結局は食べるんですけど。
あと、最近は元日からスーパーが開いてるんで買ってきたオードブルなんかも食卓に並びました。僕はバカ舌なのでおせちよりこっちの方が好きだったりするんだけど、揚げ物が多いですね。あまりお腹にはよくないかも。
まぁ結局は食べるんですけど。

いわゆる御馳走というものは食べるのに体力がいるのか、何日も続くと疲れるものです(胃腸が弱いと尚更)。
そんなこともあってか正月料理もそこそこに、年が明けてから突如としてインスタントラーメンブームが到来しました。


ラーメン1.jpg ラーメン2.jpg
マルちゃん麺づくり 鶏ガラ醤油
脂質5.4g
オーソドックスな味



ラーメン3.jpg ラーメン4.jpg
評判屋わんたん麺 鶏だし塩味
脂質1.8g
ワンタンが美味すぎる



ラーメン5.jpg ラーメン6.jpg
スープが決め手の中華そば
脂質5.7g

ノンフライ麺特有の物足りなさが少ない



ラーメン7.jpg ラーメン8.jpg
棒ラーメン 屋台とんこつ味
脂質4.0g
おなじみのマルタイラーメン
カップ麺と比べると麺が美味しい



ラーメン9.jpg ラーメン10.jpg
カップヌードルナイス 
濃厚!クリーミーシーフード
脂質6.3g

食物繊維たっぷりは余計なお世話ではありますが、たまにはジャンキーなものも食べたいので



ラーメン11.jpg ラーメン12.jpg
チキンラーメン Mini
脂質4.0g

時々、無性に食べたくなるチキンラーメン
今回は超ミニサイズで

一応、脂質が低めのものを選んで食べてるつもりです。食品添加物は…気にしない気にしない。

それにしても長期の休みがあると「食べグセ」がついて困ります。ただこれは仕事が始まると強制的に1食+エレンタール生活に戻るから大丈夫。
問題は「飲みグセ」がついてること。こちらの誘惑もそろそろ断ち切らねば。いい具合に家のアルコールが少なくなってきてるので、それらを飲み干して平常運転に戻すことにします。
この連休が終わる頃にはなんとか!

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
posted by jan at 15:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月29日

2017年も終わり

どうやら忘年会シーズンも無事に終えることが出来たようで一安心しています。
飲み会も居酒屋だと自分のペースで飲食できるのがいいですね。
特に僕は病気になる前から自他共に認める偏食人間なんで「あれ食べない、これ食べない」が不自然でないんで便利です。
ちょっと御行儀はよくないんですけどね。
それにしても、体調が一番悪い時期に友人関係を終わらせないでいて本当によかった。その当時は余裕がなさ過ぎて人付き合いがしんどくなってたけど、またこんな風に楽しめるような日が来るんですから。


それで飲み会なんですけど、
お酒をまったく飲まない人いるじゃないですか?別に車だからという理由じゃなく元々好きではない人。
それでも飲み会自体はそこそこ楽しいらしい。
飲む側としても飲まない人がいても特に気にはしない。
それぞれのペースで楽しむだけです。


そう考えると

肉を食べなくても焼肉食べに行ってもいいし
ファストフードだからといってジャンキーなものを食べないといけないわけではないし
生クリームがダメだからとお茶の誘いを断らなくていい

クローン病で脂質が摂れないのなんて下戸が酒飲めないのと似たようなもんで(違うか?)、それで人付き合いまで制限するのはもったいない。意外と他人のことは気にしてないかも。
なので病気をカミングアウトすることによって周りに気を使わせたくないなんて考えないでいいと思います。
もちろん体調と相談しながらになるけど、大切な友人関係は繋ぎ止めておくほうがいいと、病気が落ち着いた今ひしひしと感じているところです。
あと、少し予定をいれておくことが体調維持のモチベーションになりますし。

さて、年内のイベントは大体終わったし、しばらくはのんびりしたいです。憧れるは寝正月。
皆様もどうぞよい年をお迎え下さい。
そして来年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
posted by jan at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする